日本屈指のハイプレッシャーエリア関東。しかし数多くのメジャーフィールドをかかえ、そのポテンシャルはいまだ未知数。そんな広大な関東エリアでのバス、ライギョ、シーバスの釣果を掲載していくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早朝、今年初めてのポイントへ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

いつものポイントが調子悪いので今年まだ行っていないハスのカバーの池へ繰り出すことにした。
AM4:30起床。これも今年1番早い(笑

8月22日

やはり朝は気持ちいい。しかもたいてい風がないので釣りやすいのだ。

ポントに到着するとやはり静まりかえっている。でも若干のそよ風。これは早い時間に勝負をつけなくては‥

すると開始早々バイトがある。ところが完全なすっぽ抜け。これはフロッグをくわえてすらいない。活性が低いのかスレているのかロッドに全く重みがのらなかった。

今度は手法を変えてブッシュとハスの複合ポイントも攻めてみる。着水して3回ほどシェイクするとボフッ!ルアーが目視できない場所だったけど合わせると2秒ほどファイトしてバラシ。サイズは多分60くらい。今の魚は取れなくてもしょうがないかなぁって感じだった。

こまめにランガンしながら池を回る。すると先ほどのバイトから約3分後。ハスの中のオープンスペースをトゥイッチしながら引いてくるとバフォッ!!これは完璧に食った!
しっかりとアワセを決めると、すさまじいファイトを見せた。これは80あるかも!そう思った。これは絶対にバラせない!激しいヘッドシェイクをいなしランディングまで持ち込んだ。
実際ランディングすると ‥あれ‥?そんなに大きくない(笑 あのものすごいファイトはなんだったんだ!?

しかもこの魚、タックルと一緒に写真を撮るのを忘れてしまったのでついに素顔を公開するハメに‥(笑
CIMG3862.jpg
コンディションのいい70センチ。それにしても引いたなぁ☆とても楽しませてくれた。散歩中のおっちゃんが撮影してくれました。

↓は先月釣った83センチ。同じもち方だけど10センチ違うとぜんぜん違いますね。また80釣てぇ!!
CIMG3721.jpg
その後も似たようなポイントを探して丁寧に打っていく。

ファーストフィッシュから約10分後。ルアーの後ろにチェイスらしき波紋。しかし食わない‥ カエルかとも思いつつもう一度アプローチ。すると今度はポシュ‥っと静かに食った。カエルかライギョ分からなかったのでラインスラックを取り、ロッドで感触を確かめると‥魚っぽい!思いっきりアワセた。するとカエルではない重み。

やっぱり魚だった!

この魚はサイズ相応のファイトだったけどこれもいい魚。
CIMG3866.jpg
これも70センチ。細く感じたけど写真で見るとやっぱり丸々としている。

ラッティーLまたまた大活躍です☆
CIMG3867.jpg

先週買ったラッティーLだけどすでにいい感じになってきました(笑
CIMG3879.jpg

その後は反応が無くなってしまう。日が出てきたからかなぁ。実際かなり暑い。すさまじい日差しですよ。
CIMG3875.jpg

結局そのあとは1発60くらいのをバラシて終了。12時には帰宅した。

最終的には5バイト2フィッシュ。キャッチ率はそんなに高くないけど、取れる魚はちゃんと取れたと思う。やっぱり中~遠距離の方が取りやすい。使っているロッドの性質もそっち寄りだし。

今年中にもう1本80釣りたいなぁ。でも秋は水位が落ちるのでさらに厳しくなる。でもせめて75は取らないと!

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
スポンサーサイト
[ 2010/08/26 21:03 ] ライギョ | TB(0) | CM(2)
前にも素顔出してなかったっけ??牛久沼かなんかの記事でwまあいいや。フロッグ調子良いね!やっぱライギョの唇と目がたまらんね、かわいい。釣れば釣るほどパイクが危ない魚に思えてくる今日この頃(笑)日本帰ったらライギョ連れてってな~
[ 2010/08/27 21:08 ] [ 編集 ]
>shota
そいや顔出してたな(笑 今年最初に釣った魚だわ。今の日本なら探せばパイクも釣れるとこありそうだけど(笑 調査する価値アリ!
一緒にライギョ行きたいね~ いいとこ案内するよ。自我自賛だけど今年は関東のライギョマンの中じゃ相当釣ってる方だと思う(笑
[ 2010/09/09 12:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Proflie

Holi Holi

Author:Holi Holi
DAYS COME AGAINというバンドでギターを弾きながら日々ルアーフィッシングに勤しんでいます。
自由人という生活を堪能しつつ虎視眈々とモンスターを狙っている。メインターゲットはライギョ。

Tide
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。