日本屈指のハイプレッシャーエリア関東。しかし数多くのメジャーフィールドをかかえ、そのポテンシャルはいまだ未知数。そんな広大な関東エリアでのバス、ライギョ、シーバスの釣果を掲載していくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラムサール条約【その2】

もうラムサール条約とは関係ないのだけど関連記事ということでこのタイトルです。

興味深いページを見つけました。

このページでは雄蛇ヶ池の色々な経過情報などが掲載されている。やはり某田辺氏から見ても、日本で唯一の存在であったようだ。
このページの管理者は外来種であるブラックバスをターゲットに釣りをしているが、貴重な自然や水生植物への関心、保全意識の高さが分かる。
どうやら雄蛇ヶ池には絶滅危惧種である水生植物も生息しているようだ。しかし、こまま行けばソウギョによる食害&水質悪化で雄蛇ヶ池から姿を消すのではないかと思ってしまう。
どういう目的でソウギョの放流を決めたのかは分からないが、地元自治体や関係機関(大学教授も関与している)よりも外来種の釣りを愛好している人間の方が雄蛇ヶ池の自然に対する意識が高いというのは皮肉だ。
ソウギョを放流した連中は今あの状況を見てどう思っているのだろうか??今のアオコ大発生の雄蛇ヶ池と水生植物にあふれバス、ライギョ、ブルーギルなどの外来種を含めた生物がわんさかいた以前の雄蛇ヶ池だったらどちらがいいのだろう??今の雄蛇ヶ池水の質状況はあの全国ワースト1の印旛沼をしのぐほどの危機的状況だ。まるでリリーパッドのように厚いアオコの層ができてしまっている。

もう頭にきすぎて何を書いていいか分からなくなっているが‥笑 間違いなく言えるのはこの雄蛇ヶ池の危機的状況は100%人為的なものだ。おまけにソウギョも外来種‥ まったく正気とは思えない。
本当に県や国に動いて欲しい。もう後の祭りだが、以前の雄蛇ヶ池を本格的に調査していれば珍しい植物、生物が他にも見つかったかもしれない。


この雄蛇ヶ池のようにならないように、すでに自然保護を実践しているところも多数ある。だが『自然保護』を歌って釣り禁止にするのは止めていただきたい。

たとえば静岡県の桶ヶ谷沼のように『釣り』自体を禁止しているなら徹底しているし理解できる。
だが、新潟県の佐潟のようにルアー禁止という不可解なルールは全くもって理解できない。エサ釣りはよくてルアーはダメ。その理由のひとつに『ルアーを引くと水生植物が傷ついてしまい、生育できないから』というのがあるらしいが、そんな馬鹿げた理由で納得できるわけが無い。無知にもほどがある。むしろヘラ釣りで竿を出すためにアシを刈ったり、藻などの水生植物を陸に上げてカラッカラになっているのをよく見かけるがそっちの方が問題じゃないのか!?釣り人はただ、いいフィールドで魚釣りを楽しみたいだけなのに‥ 

だから『行為を禁止』するのではなく、『規制を厳しく』すればいいのだ。
たとえば、釣りは許可するが水生植物に悪影響があるような行為(ヤブコギなど)を発見した場合、罰金50万円。
とか、ゴミを捨てたら罰金30万円。
など厳しい罰則を与えればいい。

そうすることによって色々な人が貴重な水辺を楽しめるしトラブルも減るだろう。

とにかく今は雄蛇ヶ池が以前の素晴らしい『野池』に戻ることを願う。
スポンサーサイト
[ 2010/09/24 11:53 ] 釣り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Proflie

Holi Holi

Author:Holi Holi
DAYS COME AGAINというバンドでギターを弾きながら日々ルアーフィッシングに勤しんでいます。
自由人という生活を堪能しつつ虎視眈々とモンスターを狙っている。メインターゲットはライギョ。

Tide
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。