日本屈指のハイプレッシャーエリア関東。しかし数多くのメジャーフィールドをかかえ、そのポテンシャルはいまだ未知数。そんな広大な関東エリアでのバス、ライギョ、シーバスの釣果を掲載していくブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

禁漁期間

6月末は勝手にライギョを禁漁していたのであまり釣りにいけてない。ライギョに関しては特にスポーニング中の釣りは控えたい。だったらバスでも何でも行けばいいじゃんて感じだけど暖かくなっちゃうとライギョ以外行くきしないんだよなぁ。あとは8月の涸沼シーバスとか。
7月に入ったしちょっとライギョの遠出するかな~ まだ場所決めてないけど。やっぱ行ったこと無いとこで釣りしたいですからね。
PICT0004.jpg
↑は2年ほど前に釣り禁止になってしまった池。カバーもあって良かったんだけどなぁ。公園化した上に釣り禁止ってどんだけだよ。公園化しただけで自然ぶっ壊してんのに‥ 水抜きとかで害魚駆除する前にウィードとか水生植物でどんだけ水中がいい状態になるか知ってほしいよ。専門家ですら気づいてないやつが多そうだし。自然豊かな場所であればあるほどいろんな生物が共存できている。一番腹立つのがそういう池や森を公園化して護岸したり遊歩道作ったり野鳥観察小屋つくったりしてたて看板立ててそこの生き物とか紹介しながら自然を楽しみましょう的な‥ その施設作った時点で自然壊してんじゃん。そこの自然を壊さないように配慮したところもあるが非常にまれだ。本当に自然に触れたかったら気合でスーパー藪コギしろ!

話しがそれすぎたけどフレッシュエリアで80取りたいなぁ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
[ 2010/07/07 15:41 ] ライギョ | TB(0) | CM(2)
難しい問題だね。どうしてそんなに立ち入り禁止とか、釣り禁止の川、池がそもそもそんなに存在するか謎だよね。そういう気軽に行ける水辺でしか見られないものを、今の子供はどこに行ったら見れるんだろうね。アスファルトの隙間のザリガニよりも、泥に腕を突っ込んで捕まえるザリガニの方が何倍も良いのにね。意味不明か(笑)
[ 2010/07/08 17:36 ] [ 編集 ]
ホントにその通りだよね~ ひょうたんの下流も今じゃザリすらいるか分かんないもん。そういやへま沼は1回干上がったけど復活してたよ!w
地方でもかなり都市開発が進んでて台無しになった『身近な自然』が一杯あるらしいし‥
なんかそのうち『身近な自然』が壊滅的になっちゃって桶ヶ谷池みたいに自然を守るために管理される場所が増えそうな気がするよ‥ そういう場所はもちろんつり禁だしなぁ。ただ桶ヶ谷は管理されてるだけあってでけぇライギョがいっぱいいるらしいw なんかライギョはウシガエルやアメザリを食うからあまり害魚扱いしてないんだってw 桶ヶ谷は日本有数のトンボ観察ポイントだからそれを守るために必死らしい。
確かに今の日本でいきなりライギョやバスがいなくなったとしたら、アメザリとかウシガエルが大繁殖しちゃいそうだもんなぁ。すでに大繁殖だけどw だから厄介な問題だよね。実際3年位前に福島つり紀行行った時、コイしかいない池とか結構あったけどそういう池の水面は決まってウシガエルの楽園だった‥ フロッグ投げるたんびに5匹ぐらいよって来て釣りにならなかったよw
[ 2010/07/09 11:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Proflie

Holi Holi

Author:Holi Holi
DAYS COME AGAINというバンドでギターを弾きながら日々ルアーフィッシングに勤しんでいます。
自由人という生活を堪能しつつ虎視眈々とモンスターを狙っている。メインターゲットはライギョ。

Tide
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。